スライド:大阪商業大学 アミューズメント産業研究所
スライド:大阪商業大学 アミューズメント産業研究所

写真だけ見るとおかしな施設に見えますが、「ギャンブルと犯罪そして社会的コスト-カジノ合法化にまつわる問題点-」などのシンポジウムも開催する純粋な研究所です。

毎年だいたい7月~8月上旬にかけて、特別展示を行っていますが、これが一部のフリークに注目の内容となっています。 過去の特別展示はこのような感じ。


第16回 振れ!振れ!サイコロ展
第15回 マージャンの魅力展
第14回 昭和のゲーム大集合展
第13回 日本の将棋と文化展
第12回 ギャンブルの歴史展
第11回 日本の地域文化とゲーム展
第10回 世界の伝統ゲーム展―創設10周年を回顧して―
第9回 世界のチェス・将棋展Ⅱ
第8回 パズルの世界展
第7回 富くじ・宝くじ・当て物展
第6回 世界のトランプ展
第5回 囲碁とその仲間たち展

写真でふり返るラスベガスの歴史
第4回 世界のすごろく展
第3回 花札・かるた展
第2回 麻雀の歴史と変遷
第1回 世界のチェス・将棋展

私は近くに住みながら、2016年に初めてここの存在をたまたま通りかかったことで知り、「マージャンの魅力展」に行ってきました。

第2次世界大戦中に作られた「インパール枕木牌」や初期の電子ゲーム、そして植田まさしファンなら誰でもほしがる「フリテンくん麻雀牌」など数々の貴重な麻雀グッズ・牌が展示されていました。

U・コミュニティホテルからだと十分徒歩圏内ですので、もし7月に大阪に泊まる必要があるのなら、この展示のためだけに宿泊場所を東大阪にしてもいいくらいだと思います。一部のフリークの方にしか響かないと思いますが。


基本情報

店名 大阪商業大学 アミューズメント産業研究所 (The Institute of Amusement Industry Studies)
所在地 東大阪市御厨栄町3-1-35
電話番号 06-6618-4068
アクセス

河内小阪駅の改札を右の方に出ます。信号を渡るとマクドナルドが見えますので、その前を通過して左折。しばらくすると前方にマックスバリュが見えますので、その次の角を右に曲がって道なりに。10分ほどで着きますが、地味なので通り過ぎないように注意してください。

公式ページ http://ouc.daishodai.ac.jp/ams_labo/
この記事の近くのスポット
キーワード