スライド:長瀬川
スライド:長瀬川
スライド:長瀬川
スライド:長瀬川

長瀬川は東大阪市の南の方を流れる大和川の支流で、写真を見ていただいたように小さな川です。日本一汚い川に長年君臨(トップでないときもワースト4には常に入っていた)していた大和川の支流ですので、清浄な流れも期待できない川です。

長瀬川は旧大和川でした

江戸時代の付け替え工事まではこちらが大和川の本流であったということで、古代には川幅も200m、戦前でも30mほどあったそうです。

大和川は大変水害の多い川であったため、途中で90度曲がるように流れていた川をまっすぐにし、大阪湾に流すように変えた後、用水路として残された部分が今の細い長瀬川となりました。

数十年前には川幅は既に今と同じくらいの5m程度になっていましたが、その時でも大変ひどい川でして、常に悪臭が漂っており、大雨のたびにその水があふれ出していたのですが、その後治水や緑化計画が進み、今では魚や植物も多く見られる水質となりました。

長瀬川の動植物

現在はかなりきれいになった長瀬川は、今では春は桜が咲く近所でも有数の散歩コースとなり、夜はウォーキングをする人が絶えません。

またカルガモやサギ、鯉などの多くの動物も見られるようになりました。ヌートリアもいるそうですが、私はまだ見たことがありません。

忘れてはいけないのが、長瀬川周辺に出没する鷹匠です。近鉄奈良線の北側辺りを夕方頃散歩しているという目撃情報がありますので、ぜひ探してみてください。

長瀬川緑地


長瀬川緑地というと、大きな緑地公園というイメージですが、川の側によくある公園程度の広さです。高井田駅の南北に控えめな範囲の公園があり、植物も植えられて整備されています。

それほど遠くない場所に第二寝屋川という大きな川がありますが、そちらはコンクリートで固められた川で、河床も深いため、あまり水辺を散歩しているという気分にはなりませんので、散歩には長瀬川をおすすめします。

恋の長瀬川

東大阪市のご当地ソングとして「恋の長瀬川」という曲があります。この曲のプロデュースは「おはようプロレス」でおなじみの河内屋菊水丸さん(普通は河内音頭でおなじみ)、歌っているのは大島優子さんです。

もちろんAKBの大島優子とは違う、村田英雄先生の最後の弟子という演歌歌手の方です。

おそらく地元の住民にもほとんど知られていないはずですが、ふれあい祭(毎年5月の第2日曜に行われる市民祭)のステージで歌われているのを一度だけ聞いたことがあります。


という認識を長い間持っていたのですが、「まるいよしえ」さんに変わっていました!

まあ大島優子では検索しても埋もれるだろうなぁとか、いろいろ想像ができそうなのですが、深く触れない方がいいような気がしたのでそっとしておきます・・・。


東大阪には他にもいくつかご当地ソング的なものがあるようですが、一番それっぽい「恋の長瀬川」にがんばってほしいなと思います。

「八戸の女」の小西礼子さんと同じくらいがんばってほしいです。


店名 長瀬川 (Nagase River)
アクセス

地図の長瀬川緑地へは地下鉄中央線高井田駅、JRおおさか東線高井田中央駅から徒歩3分。近鉄奈良線河内小阪駅、近鉄大阪線長瀬駅・弥刀駅・久宝寺口駅からでもすぐ。

キーワード
この記事の近くのスポット

About さかもとくにお

さかもとくにおの近影
東大阪市でフォルトゥナという屋号でホームページを作ったり、コンサルティングをしています。生まれてからずっと東大阪市在住です。 このサイトも自身で製作・運営しています。スマホなどの位置情報をウェブサイトで使ってみたいという方はぜひお声がけください。